細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)機器の国内総代理店

ご導入検討の方は無料デモ実施頂けます!
お問合せはこちら

フリーダイヤル 0120-314-079 受付時間:平日10:00-18:00
価格や導入方法について資料請求はこちらから。簡単3分で完了!

治療院、クリニックで次々採用|波動測定器メタトロンを導入する3つのメリット

<<なぜ波動測定器メタトロンが多くの施設で導入されるのか?>>

 

 

2013年の販売以来全国300施設のクリニック、治療院、サロンなどで導入いただいておりますメタトロンですが、実は医療機器ではありません。なのに何故導入が後を絶たないのでしょうか?今回はメタトロンの簡単な特徴とメタトロンが支持される3つの理由をご紹介いたします。

 

<<そもそも波動測定器メタトロンって何?>>

 

 

波動測定器メタトロンとは1997年にロシアで商用開発されたエントロピー測定機器でありヨーロッパを中心に全世界50ヶ国以上で使用されております。日本で流通しだしたのはここ数年と日は浅いのですが全国の施設で次々と導入されている最新機器になります。

 

その大きな特徴といえば「心身のバランス状態を可視化」できる事といえます。全身の生体エネルギー情報を読み取り、解析したあとビジュアル表記させる事によって客観的に心身の状態を把握でき、体質改善や未病解決などに役立ちます。

 

それはつまり先生とお客様が一緒になり、心身の根本的な課題やその対策、例えばその人個別の食性にあった食養生や生活習慣の改善などの体質改善を考える、そんなカウンセリングの心強いパートナーになりえるからこそ、波動測定器メタトロンが支持されているのです。

 

詳しく知りたい方は当ブログの「メタトロンとは|量子波動器「メタトロン」って、改めて何なの?」を見ていただけると更に理解が深まるかと思います。

 

<<波動測定器メタトロン導入の3つのメリット>>

 

体調を可視化できるメタトロンですが、導入にあたって3つの大きなメリットがあります。

 

<メリット①いつでもどこでも楽々測定>

 

 

頭にヘッドホンをかぶるだけですので、服を着たままその場ですぐに測定可能です。また、レントゲンやMRIとは違い非侵襲ですので害は全くなく毎日測定しても問題ありません。器具の大きさもノートパソコン2台分程度と大変コンパクトで持ち運びもラクラク。お客様のご負担がとても軽く、場所を選ばず使用可能ですので診察の合間のちょっとしたカウンセリングなどでも活用可能です。

 

<メリット②測定時間は最短15分>

 

測定してから結果が表示されるまで最短5分程通常15分程と時間的な負担も少ないです。また、測定結果は測定しながらリアルタイムにビジュアル表示されるため、先生が測定結果を見ながら即座にカウンセリングや診断に活かすことが可能です。

 

<メリット③万全のサポート体制>

 

 

当社は日本正規代理店であり、導入時のサポートやアフターサポートにご好評をいただいております。サービスが充実しているからこそアジア販売NO.1の代理店という称号をいただいております。導入に向けてのご相談はもちろん、メタトロンについてのちょっとした質問など、どんな事でもお答えいたしますのでお気兼ねなくご連絡ください。

 

<<まとめ:>>

 

波動測定器メタトロンのメリットについて解説しましたがいかがでしたでしょうか?

 

現在、医療機関・医療従事者の導入が多く、難病治療や食事指導を行うクリニックにおいて特に活用が進んでいます。
他、漢方やサプリメント、整骨鍼灸、アーユルヴェーダやホメオパシーなど原因除去療法、根治治療を志す先生が、診断・治療の「相棒」として、全幅の信頼を寄せているのが波動測定器メタトロンです。

 

メリットを大いに感じていただけるからこそ様々な施設で導入が進んでいるわけです。

 

お客様への新たな提案をメタトロンはお手伝いいたします。

当ブログでは他にも波動測定器メタトロンの紹介記事や実例などの記事を多数掲載しておりますので是非ご覧下さい。

過去のコラム記事

細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)

ご導入検討の方は無料デモ実施頂けます!
お気軽にお問い合わせ下さい。

細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)は医療機器ではありません。また、医師や有資格者による診断を代行するものでもなく、病名や臓器の部位を特定し診断したり、治療する目的ではありません。医師法・薬事法などの諸法規の範囲外における日常的な健康管理を対象としてものであり、お客様の意思によって実行される健康管理のための様々な情報をご提案いたします。最終的な判断は、お客様ご自身であり、病気等についてのご質問は医師や医療機関にご相談下さい。メタトロンは、微細磁場での極低周波数を利用し、1990年に設立されたThe Institute of Practical Psychophysics (Omsk) での膨大なデータベースを分析、処理することにより、測定した身体のエントロピーの様々な状態を知ることができます。その精度に関しては、100%断言するものではありません。