細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)機器の国内総代理店

ご導入検討の方は無料デモ実施頂けます!
お問合せはこちら

フリーダイヤル 0120-314-079 受付時間:平日10:00-18:00
価格や導入方法について資料請求はこちらから。簡単3分で完了!

メタトロン研究会|2017年2月12日 第1回分科会

メタトロン・ジャパン・グループ、広報担当の中です。

この「メタトロン研究会」の記事では、新しく行われた研究会・セミナーの詳細レポートや過去の研究会のまとめなど弊社の強みである専門研究会・勉強会を特集して参ります。

 

今回は2017年2月12日(日)、フクラシア東京ステーションにて開催された量子エントロピー研究会第1回分科会について、その内容を一部ご紹介したいと思います。

 

量子エントロピー研究会とは?

 

私達メタトロンジャパングループでは、年に4回、約3ヶ月に1度のペースで、全国からメタトロンを導入されているお客様にお集まりいただき、量子エントロピー研究会総会、および事例研究分科会を開催しています。

 

常に120名~150名程度、全国からドクター・治療家・セラピスト・企業経営者など多様なメタトロン導入者が一同に介し、気鋭の先生方の臨床発表、事例発表、或いは基調講演を、大変な熱気をもって聞き入って頂いています。

 

 

研究会の内容

 

「量子エントロピー理論の概論」「波動機器の機序」から、「量子医学/治療の実際」「未病解決の実例」まで、毎回、量子波動の理論と実例を深く学び、取り入れる場として、唯一無二の場です。

メタトロンの操作は非常にシンプルですが、測定結果をどう見立て・お伝えするか、がポイントとなります。

そのヒントとなるような事例を皆様に共有し、日頃の診療・カウンセリングに役立てていただいております。

 

それでは、これまでに開催された量子エントロピー研究会を簡単にご紹介していきます。

 

2017年2月12日(日)量子エントロピー研究会第1回分科会

 

分科会は、総会とは違って、より症例や活用事例の具体的発表に終日特化します。

やはり今回も120名を超える超満員で会場は溢れんばかりの満席状態。熱気ムンムン。

 

 

トップバッターは、医療法人社団誠敬会 誠敬会クリニック 会長の 吉野敏明先生です。

 

 

日本において、歯周病原細菌検査を用いた歯周治療の、まさに第一人者。スーパーデンタルドクターです。

「メタトロンを用いた、東洋医学と西洋医学の包括治療」として、口腔から始まる消化器と精神治療をテーマにご講演頂きました。

さらに、世界の医療・医学の歴史も俯瞰的に講話頂きました。

 

 

参加者は皆、メタトロンを用いた量子波動が洋の東西を問わず、伝統医療と近代医療のハブとなるその歴史的な意味を改めて整理しました。そして、先生のクリニックにおける消化器系疾患や精神系疾患に対して口腔からの改善アプローチの症例を中心に驚きの結果をご発表頂きました。

 

次にご登壇頂いたのは、まさに日本の脳梗塞未病(改善)の権威、医療法人大坪会 東和病院 内科医 金澤武道先生。

 

 

「メタトロンによる臨床と未病医療への応用」として、脳梗塞の未病状態を可視化し発見、未病状態で治す、という仰るそのプロセスと実例を、鮮明にご共有頂きました。

 

更には、NPO法人日本アーユルヴェーダ協会 理事長 上馬場和夫先生。

 

 

量子エントロピー理論とアーユルヴェーダの生命観とを整理して繋いで頂き、伝統医療と最先端技術との融合を実例豊富にお伝え頂きました。

 

他にも、次の錚々たる先生方がメタトロンの事例詳細を講演いただきました。

・げんき温熱鍼灸治療院 院長 安竹悠先生 によるメタトロンの東洋医学への応用

・岡田高鍼灸治療所 岡田高先生

・だるま鍼灸院 大坪公輔先生

・ブルークリニック青山 内藤統合医療センター 院長 内藤眞禮生先生

 

日本のヘルスケアにおいてエポックメイキングな1日となりました。

 

最後に

 

「メタトロンを持っているが活用できていなく、他のメタトロンユーザーの活用事例を聞いて活用したい」

「メタトロンを検討しているが、使いこなせるかなんとなく不安」

 

という方々は、まずは弊社までお問い合わせくださいませ。

↓↓

お問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容欄に「メタトロン研究会の記事を見て」とご記入ください。

 

 

さらにメタトロンの支援を充実させていこうと本日もチームでディスカッション中でございます。

ぜひご期待くださいませ

 

文責:中 一輝 広報担当

 

Copyright © METATRON JAPAN. All rights reserved.

※メタトロン(MTR)は医療機器ではありません。また、医師や有資格者による診断を代行するものでもなく、病名や臓器の部位を特定し診断したり、治療する目的のものではありません。

過去のコラム記事

細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)

ご導入検討の方は無料デモ実施頂けます!
お気軽にお問い合わせ下さい。

細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)は医療機器ではありません。また、医師や有資格者による診断を代行するものでもなく、病名や臓器の部位を特定し診断したり、治療する目的ではありません。医師法・薬事法などの諸法規の範囲外における日常的な健康管理を対象としてものであり、お客様の意思によって実行される健康管理のための様々な情報をご提案いたします。最終的な判断は、お客様ご自身であり、病気等についてのご質問は医師や医療機関にご相談下さい。メタトロンは、微細磁場での極低周波数を利用し、1990年に設立されたThe Institute of Practical Psychophysics (Omsk) での膨大なデータベースを分析、処理することにより、測定した身体のエントロピーの様々な状態を知ることができます。その精度に関しては、100%断言するものではありません。