細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)機器の国内総代理店

ご導入検討の方は無料デモ実施頂けます!
お問合せはこちら

フリーダイヤル 0120-314-079 受付時間:平日10:00-18:00
価格や導入方法について資料請求はこちらから。簡単3分で完了!

メタトロン研究会|2016年10月22・23日 第1回総会

 

 

メタトロン・ジャパン・グループ、広報担当の中です。
本日は、弊社ご支援の一つ“量子エントロピー研究会”についてご紹介します!

 

 

量子エントロピー研究会とは?

 

 

私達メタトロンジャパングループでは、年に4回、約3ヶ月に1度のペースで、全国からメタトロンを導入されているお客様にお集まりいただき、量子エントロピー研究会総会、および事例研究分科会を開催しています。
常に120名~150名程度、全国からドクター・治療家・セラピスト・企業経営者など多様なメタトロン導入者が一同に介し、気鋭の先生方の臨床発表、事例発表、或いは基調講演を、大変な熱気をもって聞き入って頂いています。

 

 

 

 

研究会の内容

 

 

「量子エントロピー理論の概論」「波動機器の機序」から、「量子医学/治療の実際」「未病解決の実例」まで、毎回、量子波動の理論と実例を深く学び、取り入れる場として、唯一無二の場です。

メタトロンの操作は非常にシンプルですが、測定結果をどう見立て・お伝えするか、がポイントとなります。
そのヒントとなるような事例を皆様に共有し、日頃の診療・カウンセリングに役立てていただいております。

それでは、これまでに開催された量子エントロピー研究会を簡単にご紹介していきます。

 

 

2016年10月22日@大阪、23日@東京

 

 

まずは、2016年10月22日23日に大阪東京にて開催された、第1回総会。
メタトロン開発者であり、メーカーのロシアIPP社代表のネストロフ博士夫妻が来日され、基調講演を頂きました。

 

 

 

 

講演内容は、「量子エントロピー論理学と現代科学の勝利」 および 「非線形診断システム 機器の物理的基盤と構造原理」。

 

開発者ならではの、量子物理学エントロピー理論の学術的理論と、ヘルスケア・未病測定機器としての機序との接合について、極めて具体的かつ詳細に、しかし動画も織り交ぜてわかりやすく、講演いただきました。

またベラ先生には、実際のオペレーションデモンストレーションを実施頂き、実際の活用イメージを鮮明にして頂きました。

 

ご参加頂いた方々からは、

「これまで正直良くわからなかった、量子物理学の論理と、メタトロンの測定、セラピーの機序がようやく、鮮明に理解できた。」
「改めて理論をスッキリ解説してもらえて、波動という、ある種とらえどころのないようなものが、実に化学的でエビデンスのしっかりしたものだと理解でき、更に確信ができた。」
「波動の真実が証明された感動が収まらない」などなど興奮に満ちた感想が寄せられました。

 

またこの回は、NPO法人日本アーユルヴェーダ協会理事長の 上馬場和夫先生と、ブルークリニック青山 内藤真禮生先生にも、「日本での臨床活用について」の講演を頂きました。

内藤真禮生先生は、自閉症の患児に対してメタトロンを活用しています。

 

 

 

 

内藤先生によると、自閉症の患児は小腸と鼻粘膜に周波数の乱れが多く見られることを発見されました。
小腸・鼻粘膜ともに最古の神経系であり、発生過程で障害されて発達障害がおこってくる可能性があるのでしょう。
西洋医学の検査では、判明しなかった原因を探索し、治療に役立てておられます。

まさに日本での量子波動未病ヘルスケアの本格スタートに相応しい、熱気あふれる1日となりました。

 

◆今後の量子エントロピー研究会の予定は?

 

次回の研究会は2018年12月16日(日)量子エントロピー研究会第4回総会@東京を予定しています。

 

「メタトロンを持っているが活用できていなく、他のメタトロンユーザーの活用事例を聞きたい」
「メタトロンを検討しているが、使いこなせるかなんとなく不安」

 

という方々は、まずは弊社までお問い合わせくださいませ。
↓↓
お問い合わせはこちら
※お問い合わせ内容欄に「メタトロン研究会の記事を見て」とご記入ください。

さらにメタトロンの支援を充実させていこうと本日もチームでディスカッション中でございます。
ぜひご期待くださいませ。

 

文責:中 一輝 広報担当

 

Copyright © METATRON JAPAN GROUP / Aging Management Co.ltd / NW Manegemnet Sevices Co.ltd All rights reserved.
波動測定器「メタトロン」に関するお問い合せは、日本唯一・アジアNo1の公認総代理店 メタトロンジャパンまで
http://www.metatron-nw.com/contact/

過去のコラム記事

細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)

ご導入検討の方は無料デモ実施頂けます!
お気軽にお問い合わせ下さい。

細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)は医療機器ではありません。また、医師や有資格者による診断を代行するものでもなく、病名や臓器の部位を特定し診断したり、治療する目的ではありません。医師法・薬事法などの諸法規の範囲外における日常的な健康管理を対象としてものであり、お客様の意思によって実行される健康管理のための様々な情報をご提案いたします。最終的な判断は、お客様ご自身であり、病気等についてのご質問は医師や医療機関にご相談下さい。メタトロンは、微細磁場での極低周波数を利用し、1990年に設立されたThe Institute of Practical Psychophysics (Omsk) での膨大なデータベースを分析、処理することにより、測定した身体のエントロピーの様々な状態を知ることができます。その精度に関しては、100%断言するものではありません。