細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)機器の国内総代理店

ご導入検討の方は無料デモ実施頂けます!
お問合せはこちら

フリーダイヤル 0120-314-079 受付時間:平日10:00-18:00
価格や導入方法について資料請求はこちらから。簡単3分で完了!

内海聡とメタトロン|測定ポイント紹介!

内海式メタトロン活用方法公開!知れば知るほど奥が深い…

東洋医学ほか多面的な視点から、ホリスティックに統合的に心身を捉える

量子波動測定器メタトロン(MTR)は、根本的に、器質的な変化を捉えるいわゆる医療診断機や治療機と違い、
身体および各臓器が放出する固有の振動周波数の特徴を解析し、「未病」や心身のバランスを類推していく為の補助機です。
では、その特徴を活用し、最大の成果・結果を出すには、どういうポイントがあるのか、
メタトロンジャパン・グループ主催の量子エントロピー研究会や、メタトロン活用勉強会における
東京DDクリニック・NPO法人薬害研究センターの内海聡医師の講話をもとに、一つの学びをここでは挙げたいと思います。

目に見えないもの=周波数や波長をよむという、メタトロンならびに量子医学の最大の特徴を前提にすると、
東洋医学の考え方、とりわけ陰陽五行は必須と、内海聡先生は考えておられます。
ひいては、心身一如を旨とする東洋医学に基づいたメンタル面へのアプローチ
(内海先生は「精神療法」と仰います)は、切っても切り離せないものとなります。

なかでも、体質の改善や根本治療、原因療法といわれる生活習慣改善の核心ともいえる
食事療法に際しては、固定した特定の食事療法には偏らないのが内海先生の基本的な考え方です。
当然ながら一人一人、遺伝子も腸内細菌叢も違うのだから、食事療法も人それぞれに合わるべき、という結論に至ります。
その前提で、患者さん自身が自分の体質や課題、自分にあった食事法を自分の頭で考えるために、
採血をするよりもメタトロンが非常に都合良く、そのためにメタトロンと導入したとさえ話されます。

「食性」という考え方を、内海聡先生は採用されています。
一概に「◯◯式が身体に良い」というのではなく、人それぞれの体質・性質があり、
その人その時々の状況に適した食事法がある、という考え方です。
詳細は、メタトロンジャパングループ主催の研究会やメタトロン活用勉強会等に譲り、
ここでは超大雑把にだけ、以下のように整理して紹介しましょう。
・農耕民族型=草食系=解毒食=引き算の食事 ⇒例、まごわやさしい,マクロビ他
・狩猟民族型=肉食系=栄養食=足し算の食事 ⇒例、糖質制限,先住民食他
これらは、その人の性格にも反映されるので、そこまで把握して、指導・改善アドバイスをすると、
より成果につながる深みのあるアプローチが可能となるでしょう。

こういった考え方を枠組みとしてもって、基本的な栄養学と解剖学をもとにメタトロンの測定結果を見ていくと、
被験者のこれまでの食生活のパターンやその適否を類推し、指導につなげることで、
一人一人オーダーメイドの個別具体的な体質改善指導が可能となります。
つまり、東洋医学ほか多面的な視点から、ホリスティックに統合的に心身を捉えることが重要なポイントといえます。

 

結果を出すには、背景となる精神面のアプローチは欠かせない

そして、一人一人オーダーメイドの食養生を提示したところで、
これを患者本人がしっかり自分自身に向き合い、日頃の行動を変え、サボらずに推進するというハードルが実際には生じます。
そのためにも、やはりその背景となる精神面のサポート、アプローチが必要。
その際に、陰陽五行に基づいた精神的なアプローチで後押ししてあげることも、結果を出すために非常に効果的になります。

非常に大局的な話になりますので、詳細具体的には上記のように、メタトロンジャパングループ開催の内海聡先生講師による勉強会等で学んで頂くことができます。

 

Copyright © METATRON JAPAN. All rights reserved.
※メタトロン(MTR)は医療機器ではありません。また、医師や有資格者による診断を代行するものでもなく、病名や臓器の部位を特定し診断したり、治療する目的のものではありません。

量子波動機器「メタトロン」に関するお問い合せは、日本唯一・アジアNo1の公認総代理店 メタトロンジャパンまで

お問い合わせはこちらから

過去のコラム記事

細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)

ご導入検討の方は無料デモ実施頂けます!
お気軽にお問い合わせ下さい。

細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)は医療機器ではありません。また、医師や有資格者による診断を代行するものでもなく、病名や臓器の部位を特定し診断したり、治療する目的ではありません。医師法・薬事法などの諸法規の範囲外における日常的な健康管理を対象としてものであり、お客様の意思によって実行される健康管理のための様々な情報をご提案いたします。最終的な判断は、お客様ご自身であり、病気等についてのご質問は医師や医療機関にご相談下さい。メタトロンは、微細磁場での極低周波数を利用し、1990年に設立されたThe Institute of Practical Psychophysics (Omsk) での膨大なデータベースを分析、処理することにより、測定した身体のエントロピーの様々な状態を知ることができます。その精度に関しては、100%断言するものではありません。