細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)機器の国内総代理店

ご導入検討の方は無料デモ実施頂けます!
お問合せはこちら

フリーダイヤル 0120-314-079 受付時間:平日10:00-18:00
価格や導入方法について資料請求はこちらから。簡単3分で完了!

メタトロン活用例|妊娠前デトックスラボ~不妊のお悩み解決

メタトロン活用事例集~妊娠前デトックスラボ~

 

40代妊娠率、驚異の78.5%!

従来の枠組みにとらわれず、成果をあげられている気鋭の先生方を全国から紹介します。

今日は、妊娠前デトックスラボ  松田あやこ先生 です。

施設概要:「デトックス」でお母さんになる予定の方の不安解消のお手伝いをするサロン@東京恵比寿
活動実績:<妊娠実績>全体の妊娠率:63%(40歳以上の妊娠率:78.5%、8ヶ月)
<体質改善実感>経過2週間目から体質改善実感100%

 

これからお母さんになろうという方のためのサロン

松田先生は、ご自身の3年半にわたる妊活と出産後のご長男のひどい乳児湿疹や母乳の不足等
を体験された経緯で、その原因に有害重金属、経世代毒性の脅威についてお知りになり、
妊娠前の健康な体つくりの大切さを、世の中のこれからお母さんになる予定の方に広め、実践してもらいたい
という思いをもって、2014年、当ラボを開業されました。
メディアなどにも多数掲載される、今もっとも注目されているセラピストの一人です。

具体的には、不妊に悩む女性や、出産後の母子の健康不安を払拭したい女性に対して、
デトックスをキーワードに、体質改善のアプローチでそれらを解決して頂くサービスです。
そのコンセプトは、次の通り
①100発100中の奥様に学ぶ体つくり
②ママになるための妊娠前デトックス
1.情報のデトックス
2.こころのデトックス
3.体のデトックス
③心身ともに一番いい状態をつくる

そして、お客様一人一人の心身の状態、バランス、特徴をお客様といっしょに
あきらかにしていくプロセスで重要なツールが、
波動周波数測定器、MTR(メタトロン)。
特にお客様の心身の現状にFITするお食事のアドバイスは必須。
「食性」という考え方でお客様にとって、どういう食養生が最適か、具体的にアドバイスし、
お客様自身の生活習慣改善によって体質を変える結果に導きます。

 

体質改善で続々と結果が!

その驚くべき結果は以下のとおり!ご参考にして下さい。

活用実績:<セッション件数> のべ4,224件(98%が妊娠を望む方)
活用のポイント:「心身ともに今までで一番いい状態」を目指すための現状の「見える化」
<妊娠実績>
全体の妊娠率:63%
40歳以上の妊娠率:78.5%
<体質改善実感>
経過2週間目から体質改善実感100%

事例①
44歳 女性 不妊傾向
月2回×6ヶ月のスキャン&セラピーを実施
⇒結果;多嚢胞性卵巣症候群の症状が改善

事例②
37歳 女性 不妊傾向、高血圧で降圧剤服用のため妊活ストップ
月3回来店の都度、スキャン&セラピーを実施
食生活改善による体質改善を実施、体重減。
⇒結果:高血圧も改善し医師のOKも出て、妊活開始。1ヶ月目でご懐妊。

 

そんな松田先生の妊娠前デトックスラボが今月末にリニューアルオープンということで、これからの先生の更なるご活躍に目が離せません。

 

参照URL:http://www.detoxlabo.com

※本内容は、利用機器(非医療機器)ならびに掲載サービスの効果効能を示すものでもなく、実績を保証するものでもありません。

 

Copyright © METATRON JAPAN. All rights reserved.
※メタトロン(MTR)は医療機器ではありません。また、医師や有資格者による診断を代行するものでもなく、病名や臓器の部位を特定し診断したり、治療する目的のものではありません。

量子波動機器「メタトロン」に関するお問い合せは、日本唯一・アジアNo1の公認総代理店 メタトロンジャパンまで

お問い合わせはこちらから

過去のコラム記事

細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)

ご導入検討の方は無料デモ実施頂けます!
お気軽にお問い合わせ下さい。

細胞ナノスキャン メタトロン(MTR)は医療機器ではありません。また、医師や有資格者による診断を代行するものでもなく、病名や臓器の部位を特定し診断したり、治療する目的ではありません。医師法・薬事法などの諸法規の範囲外における日常的な健康管理を対象としてものであり、お客様の意思によって実行される健康管理のための様々な情報をご提案いたします。最終的な判断は、お客様ご自身であり、病気等についてのご質問は医師や医療機関にご相談下さい。メタトロンは、微細磁場での極低周波数を利用し、1990年に設立されたThe Institute of Practical Psychophysics (Omsk) での膨大なデータベースを分析、処理することにより、測定した身体のエントロピーの様々な状態を知ることができます。その精度に関しては、100%断言するものではありません。